体験コンテンツ

 

退院当初~訪問看護卒業

訪問リハ高頻度介入全介助→端座位保持可能

評価
H27年.3月18日に退院され、介入当初はベッド上での生活が主であり、低活動によるほぼ寝たきりのような状態の方でした。退院即日より他職種( Ns.ST、ヘルパー、PT)による他職種、高頻度(5回/週)の介入で改善傾向にあります。Zarit 介護負担感:33点(介入当初)➡︎22点(現在)

退院当初は介助歩行、伝い歩き、ベッド周囲での自主訓練を行っておりました。2~3週間後には、シルバーカーを利用した屋内外の歩行訓練を行い、3か月後にはデイサービスや家事を再開、訪問看護の卒業に至りました。